賢い人は、カードローンと上手に付き合っている

賢い人は、カードローンと上手に付き合っている

最近のカードローンは、良い意味で「借金」という概念が薄れていると感じています。特に若い世代は、非正規雇用が多く見られ、バブルの頃の若者とは明らかにお金の使い方や考え方が違っています。
大きなお金を自由に使うことが出来ない分、お金と賢く付き合って、その強い味方として、カードローンと賢く付き合っている人が多くなりました。ローンは借金ですが、万が一の時の第二のお財布として考えると、毎日の生活にも少しだけ余裕を持つことができるのではないかな。実際使ってみた筆者は、このように感じました。
もちろん、負の部分も見逃してはいけません。多重債務や自転車操業をした結果、自己破産をしてしまう人も多く、その結果、カードローンの悪いイメージが先行してしまっている、というのも事実です。あまりにもお金と近づきすぎた結果、自分の収入の限界と、ローンで借りたお金の区別がつかなくなってしまえば、人生そのものが、お金に振り回され、お金を使うというより、お金に使われている状態になりかねません。それを防ぐためにも、お金とは常に一定の距離を保ち、お金を使ったことにより、自分がハッピーになれるかどうか、という根本的なことを忘れないようにしなければいけません。